医学部予備校 大阪心斎橋駅すぐ 高校1・2年生専門 トライアルゼミ

予備校費用・学費・講習会・コース

 

『医学部を目指す高校1・2年生』に医系予備校講師+医大生がタッグを組んでバックアップ致します!

医学部予備校費用・学費が最安値で納得の授業内容!

『高校1・2年に万全の受験準備を始めるのがトライアルゼミです』

医学部への入学志願者は、20年前の約9万人から毎年増える状況となり、近年は、13万人前後で推移しております。毎年のように「今年が受験人口がピークだ」と言われ続けてきましたが、2018年まで志願者増加の一途を辿っており、今後も増加(難化)傾向にあると言えます。つまり…

 

日本の医学部入学定員約9千人に対し、単純計算しても何と14倍もの受験生が殺到しているのが現状!

全ての大学の医学部の最低偏差値は約65で、合格率わずか7%という超狭き門である医学部受験です

 

高3になってからの受験対策では物理的にも時間的にも間に合わず、残念ながら浪人の道を選ばざるを得ない受験生を多々見てきた講師陣と医学部生が立ち上がり、早めの対策をサポート致します!

勉強するうえで確かなペースメーカー、勉強への取り組み方や悩んだときにいつでも相談できるトライアルゼミをご活用下さい!

 

一般的に医学部予備校は、無駄を省いた専門的な戦略と精通した専門講師陣で進めて参りますので、金額的な負担が相当あるのが現状です!

立地から学習環境、アフターフォローにまでこだわり、集中して医学部を目指せられるようなおもてなしをし、受験の伴走者として懸命に切磋琢磨されている素晴らしい予備校があるのも事実です。

我々もオススメできる医学部予備校も多数存在します。

しかしながら、これまで通われていた塾の延長線上になるような安価な金額で早期対策が出来る予備校が少ないとも感じております。

大学生講師のみが教えている巷の個別指導では、講師と生徒さんの年齢や距離が近すぎてお互いに妥協が始まり、結果仲良し勉強に陥ってしまい大して成績も上がらなかったケースもよく耳にします。

そのような声を聞けば心が痛んでしまいますが、反面、医学部受験講師と実際に受験を見事突破した医学部生がタッグを組んで、純粋に医師を目指す高校生の縁の下の力持ちになれないかと、常々考えておりました。

予備校は講師との相性、ライバルが多数いる学習環境次第で、爆発的に成績が伸びる可能性を秘めている場と思います。

そのような予備校の一つになれるように、我々も精進してまいります。体験授業もいつでも可能ですので、一度足を運んで頂ければ幸いです。

医学部予備校トライアルゼミの予備校費用・学費
※医学部合格の秘訣は、高校2年までの既習範囲強化!

 

 

 

 

 

 

【第一弾】夏期講習 何講座受講しても総額11,000!

【無事に終了致しました】

お問い合わせはこちら

 

【第二弾】9月本格始動!

上記の講習でトライアルゼミならではの良さを実感して頂いた方は、本格始動に向けた入学説明会を実施致します!近年の倍率や出題内容などの入試情報や、今からできる医学部おすすめ勉強法、予備校の活用法など説明いたします(ご都合の合わない方は、別途、個別説明も可能です)

※9月以降、「集団授業」or「個別指導」or「集団授業+個別指導」が選択可能!

 

★開講講座とスケジュール★ ※(  )内は実施曜日

・英 文 法(金)・英語長文(金)

・数 ⅠA(土) ・数 ⅡB(土)

・英語演習(日)・数学演習(日)

・小 論 文(日)

※時間を要する科目を開講しております

 

高校生は、学校行事や定期試験、クラブ活動などとかなり多忙です。

限られた時間を有効かつ効果的に過ごせられるか!がポイントで、時間の使いかた次第で今後の人生を左右しかねないと考えています。

また、将来医師として臨床の場に立たれる方にとって、高校生活は特別な意味をもつ時間だと思われます。

学校生活の中で学ぶべきことは多くあり、その取り組みが疎かになってしまうことは望んではおりませんので、定期試験期間は授業を休講にして、学校生活も実りあるものにして欲しいと考えます。(ご要望がありましたら、定期試験対策も可能です)

受験期を含めて高校3年間をとても有意義なものにしていただくために、高1・2生のうちから、いち早く、いつもと違う環境で将来と向き合う時間を設けていただければと願っております。

★講義日程★【高校の定期試験中は休講になります】

※学校生活はとても大切で重視してほしいので試験期間中は授業を行いません!(テスト対策等のご要望があれば対策致します)
※月によっては、3回授業 or 4回授業実施の月があります

 

★通常授業スケジュール★

2019 医学部予備校トライアルゼミ SD関西大阪

 

★集団授業時間割と授業料・費用★

=11月以降の入学者は改定料金になります=

医学部予備校トライアルゼミ 集団授業時間割
※高校生活を充実させるために、夕方スタートになります。上記の科目から選択し、受講して頂きます。科目や進度によっては、テキストを別途指定させて頂く場合があります。
医学部予備校トライアルゼミ 集団授業授業料
※1時間あたりのコスパは医学部予備校業界で最高レベル(最安値)です。金銭面の負担をできるだけなくすために、入学金+授業料(諸経費含)のみで運営している画期的な予備校です。設備費や管理費などは頂いておりません!また、弱点補強講座などのイベント講座の事前申込が必要な講座は、随時お知らせいたします。

 

★個別指導時間割と授業料・費用★

=11月以降の入学者は改定料金になります=

医学部予備校トライアルゼミ 個別指導時間合割
※医大生が一人一人にあったオーダーメイドのカリキュラムで指導します。上記の A~L からご希望の時間帯に設定させて頂きます(他のお子様と重なった場合は、ご希望に沿えない場合がありえます)。基本的にオーダーメイドのカリキュラムになりますので、ご希望を聞かせて下さい。
医学部予備校トライアルゼミ 個別指導の費用
※現役医学生がどのように入試を突破したのか、日々の勉強の秘策を教えてくれます!1時間あたりのコスパは医学部予備校業界で最高レベル(最安値)になります。金銭面の負担をできるだけなくすために、入学金+授業料(諸経費含)のみで運営している画期的な予備校です。設備費や管理費などは頂いておりません!

 

★最後に…★

日々の勉強や受験勉強井の中の蛙になっていないか?

最高レベルの医学部受験においては、たいていの大学で数学3教科【数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ】、理科2教科【物理・化学・生物から2教科】の習得が非常に重要ですが、なかなか科目数の多さと十分な演習時間を確保するのが難しく、結果全てをまんべんなく勉強できずに特定の科目が後回しになり、早くても高校3年生の夏頃に一通り履修が終わる高校生が大多数ではないでしょうか。

そのため単純に受験準備に費やすべき時間が足りずに現役で医学部に合格できない受験生が圧倒的に多くいます。

実際に、医学部進学実績の高い高校では、どんどん先取りした授業カリキュラムを組んでおり、高校1年生から数Ⅲや理科を学習し、高校2年生の終わりには一通り全教科履修した状態になり、高校3年生でどんどん受験の演習形式(または過去問)の授業を行っている中高一貫校も存在します。

「真面目に勉強しており、学校の成績は優秀なのに模試で全然点数がとれない。」と、高校3年生になってから相談にこられる方を毎年多くみます。

残念ながら、高校3年生になってしまうと、受験まで1年間もなく、半年と少ししかありません。どう頑張っても時間的にも物理的にも間に合わない(泣)となってしまう方が多くいらっしゃる状況です。

高校1年生からじっくり勉強していれば無理なく医学部合格ラインに到達することも可能なのですが、医学部合格のノウハウがないままなんとなく勉強して高校3年生を迎えてしまうと、現役で医学部に合格するというのは非常に難しいというのが現状です。

このようにして、残念ながら浪人になってしまう医学部受験生が多いのが医学部受験の実態です。医学部合格のためには、どんどん先取りした勉強するか、学校で習った既習範囲をその都度完璧に押さえていく必要があります。

上記の理由から、ほとんどの医学部の合格者を細かくみると、浪人生が半数以上を占めています。

一見すると現役生の人数が多い医学部もありますが、それは指定校推薦だったり内部進学者が多く存在しており、一般入試での合格者はほとんどの医学部で浪人生の方が多いのが現状です。

このことからも、現役で医学部に合格することがいかに難しく、また現役合格するためには早期対策が必要であることを裏付けていると考えております。

高校1年生のときから医学部に特化した勉強を開始すれば、かなり有利に勉強を進めていくことが可能です。

勉強習慣を身につけることは非常に大切でなことで、仮に高校3年間勉強してこなかった方が浪人して勉強を開始すると、効率良い勉強習慣がつくまでに数ヶ月かかってしまうケースが多々あります。また自分にとってベストな勉強法を見つけ出すには、もっと時間がかかると言えるでしょう。

上記の理由で医学部予備校では、医学部に特化した指導を早くから受けることができ、医学部合格への勉強を効率化することができます。浪人が決まってからあわてて医学部専門予備校に通うのではなく、早めに医学部受験の勉強を開始し、現役で合格することを目指してほしいと思います!

夢をかなえるための教育には一般的に膨大な時間とお金がかかりますが、現役の高校生の時期から本格的に始めておけば、浪人して莫大な授業内容をこなしていくことやそれに付随する授業料の面からみても、早期に始めるメリットは十二分にあるのではないでしょうか。確かな戦略をもってトライアルゼミでは、皆様の医学部受験に必要な基礎知識を早期に完成させて参ります!